manapedia
三角比の値がプラスの場合とマイナスの場合を考える(鋭角と鈍角)
著作名: ふぇるまー
43,897 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

sin,cos,tanの正負

θが鋭角・鈍角のとき、三角比(sin,cos,tan)の値がプラスとなるか、それともマイナスとなるかを考えてみましょう。
座標を用いて三角比を表すとき、sin、cos、tanの値は次のように表すことができました。





ここでは、θが鋭角のときと鈍角のときの三角比の正負についてみていきましょう。





θが鋭角のとき、サイン、コサイン、タンジェントの値はつねに正になりました。

座標で見るとわかりやすいですね。
ALT

θが鋭角のとき点Pは第一象限にあります。つまり"x>0、y>0"なので、"sinθ>0、cosθ>0、tanθ>0"となります。

ALT

しかしθが鈍角のとき点Pは第2象限にあります。つまり"x<0、y>0"なので、"sinθ>0、cosθ<0、tanθ<0"となります。

このように、sin,cos,tanの正負はθが鋭角か鈍角かによって決まります。
以上のことをまとめるとこうなります。

角の大きさθ鋭角のとき鈍角のとき
sinθ
cosθ
tanθ





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I