manapedia
命題["すべての"と"ある"の否定]
著作名: ふぇるまー
15,741 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

"すべての"と"ある"の否定

すべての実数xについて、x²>0 ー①
ある実数yについて、y²≦0    ー②


この2つの命題を否定してみましょう。
ここでポイントとなるのは、"すべての"と"ある"の否定のしかたです。次の2つのことを覚えましょう。理屈よりも覚えてしまった方が早いかもしれません。

命題「すべての実数xについて、pである」の否定は、「ある実数xについて


命題「ある実数yについて、qである」の否定は、「すべての実数yについて


"すべて"を否定すると"ある"に、"ある"を否定すると"すべて"になります。

命題①の否定

命題①「すべての実数xについて、x²>0」を否定しましょう。

まず、"すべての"を"ある"に変更します。
ある実数xについて○○○○○○○○○

次に○に入る部分を考えます。つまり「x²>0」を否定するということですね。
"x²>0"の否定は、"x²≦0"です。(x²<0ではありませんからね。)

このことから、「ある実数xについてx²≦0」が、命題①の否定となります。

命題②の否定

命題②「ある実数yについて、y²≦0」を否定しましょう。

まず、"ある"を"すべての"に変更します。
すべての実数yについて○○○○○○○○○

次に、○に入る部分を考えます。つまり「y²≦0」を否定するということですね。
"y²≦0"の否定は、"y²>0"です。(y²≧0ではありませんからね。)

このことから、「すべての実数yについて、y²>0」が命題②の否定となります。


ちなみに、命題①は偽で、命題②は真です。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I