manapedia
命題[背理法を用いた証明と練習問題]
著作名: ふぇるまー
34,070 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

命題の証明

集合の単元では、命題の対偶を確かめる方法、そしてここで説明していく背理法とよばれる方法を用いて証明を行うパターンが多いですので、この背理法もしっかりマスターしていきましょう。

背理法とは

まず、そもそも背理法とは?ですが。

命題:「p⇒q」

を証明するのに用いる、証明法の1つです。
背理法を使った証明は、以下の手順をおってやります。流れは1通りと決まっていますので、まずは証明の流れをおさえるようにしましょう。

その1

」と仮定する。

その2

」を証明する過程で、「」が成り立たないことを発見する。(矛盾を発見する)

その3

矛盾があるということは、そもそも「」とした仮定が間違っているのではないか。

結論

は間違いだから、「」は正しい。

背理法で命題を証明するには、与えられた命題の結論qを否定したが成り立つかどうかを利用する。


背理法は、様々な問題を解くことで身に付いていきますので、早速、練習問題を通して、背理法になれていきましょう。


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I