manapedia
命題[条件を理解するコツ・練習問題]
著作名: ふぇるまー
16,297 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

条件とは

(x+1)²=0

この命題が真となるためには、xの値が、"x=−1"である必要があります。xが"x=2"や"x=0"のときには、"(x+1)²=0"という命題は成り立たないので偽となりますね。

このように、命題に含まれている文字や式のとる値によって真偽が決まるもの条件といいます。

では、条件がどのような形で問題に出されるかというと・・・

問題
2x−4<2
が真となるようなxの範囲を求めなさい


命題だとか条件だとか、というのは気にせずに、普通に「2x−4<2」を解いていきます。

2x−4<2
2x<6
x<3

つまり"x<3"の範囲で"2x−4<2"は成り立つということですね。これが、「命題が真となるためのxの範囲」そのものです。

逆に「命題が偽となるようなxの範囲を求めなさい」という問題だったらどうでしょう。真となるxの範囲の真逆を答えれば、それが偽となります。
この場合の答えは、"x≧3"です。

命題を真とする条件なのか、偽とする条件なのか、問題をよく読もう


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I