manapedia
ド・モルガンの法則を使う練習問題
著作名: ふぇるまー
21,679 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ド・モルガンの法則

ここでは、ド・モルガンの法則を使う練習問題を一緒に解きながら、ド・モルガンの法則の理解を深めていきましょう。

練習問題

問題
U={1,2,3,4,5}を全体集合とするとき

集合A={1,3,5}
集合B={1,4}
のとき、を求めなさい。


まずは、ベン図をかきます。ベン図を上手くかけるかが、集合の問題を解く最大のポイントともいえるので、しっかりとかけるようにしておきましょう。

ALT



、つまり、"「Aじゃない」かつ「Bじゃない」"ですが、ベン図を見れば一目瞭然で


とわかるのですが、ここでは「ド・モルガンの法則を用いて求めよ」とのことなので、ド・モルガンの法則を使って解いていきます。

ド・モルガンの法則より

なので、まず「A∪B」を求めて、それに含まれていない範囲(バー)を探すことから始めましょう。

"A∪B"ということは、「AかBの最低でもどちらか一方に含まれている」ということなので、ベン図の色がかかった部分が"A∪B"となります。

ALT


さて、求めなければならないものは、(「AまたはB」じゃない)ですので、上図の色がかかったところ以外の部分が、となります。ベン図にすると、次の色がかかった部分がそれです。

ALT


つまり


ド・モルガンの法則より


ド・モルガンの定理も、ベン図をうまく使うことで解決できる


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I