manapedia
集合[全体集合とは・補集合とは・練習問題]
著作名: ふぇるまー
219,978 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

全体集合と補集合

全体集合とは

全体集合U={1,2,3,4,5}

という表し方があるとします。「全体集合Uって、ただの集合とは何か違うの?」と思われるかもしれませんね。一体何を表しているんでしょうか。

「全体集合U={1,2,3,4,5}」が意味することは、
「この問題では、全体集合U={1,2,3,4,5}が、ここで存在する数字のすべてだと考えてね

ということです。図にすると次のようになります。

ALT


ベン図をかくときに、まず四角形で箱を作りますよね。その四角形で囲まれた中の部分が全体集合です。

部分集合と補集合

全体集合U={1,2,3,4,5}の中にある集合で、「集合A={1,3,5}」があるとします。
この集合Aは、全体集合U={1,2,3,4,5}に含まれているので、全体集合Uの部分集合であるといえます。全体集合Uと集合Aの関係を図にすると、次のようになります。

ALT


ちなみに全体集合Uの中で、集合Aに含まれない部分に色をかけてみました。
ALT


集合Aに含まれない部分のことを、「Aの補集合」といいます。そしてとかき、"「Aバー」"と読みます。「バー」は、「~ではない」を表す記号と覚えましょう。


では、ここまで学習してきたことがどんな形で問題に出されるかをみてみましょう。


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I