manapedia
高校化学基礎 希ガスとは-希ガス元素・電子配置とその特徴
著作名: 藤山不二雄
42,399 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

希ガスの性質

希ガスは周期表の右端の18族に属する元素の中で
・He ヘリウム
・Ne ネオン
・Ar アルゴン
・Kr クリプトン
・Xe キセノン
・Rn ラドン

の6つの元素の総称です。
希ガスは無色・無臭の気体として空気中に存在していますが、その存在が希少であるというわけではありません。
希ガス原子の 最外殻に入っている電子の数はヘリウムHeが2個、他の元素はすべて8個で安定しており、他の族に属する元素に比べて化合物を作りにくいのが最大の特徴です。
このために、希ガスは安定していると表現されることがあります。

希ガスの場合、価電子は「0」という


他の族と同じように単体の融点や沸点は、原子量の増加とともに高くなります。

充満した希ガスの中に放電を行うと、気体により様々な色の光を発します。
この性質はネオン管(ネオンサイン)や消毒ランプなどによく利用されています。

ALT

電球に封入した希ガスの発光

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学