manapedia
アテネの繁栄と衰退の原因(ペルシア戦争、ペリクレスの政治、ペロポネソス戦争など) 受験対策問題 8
著作名: レキシントン
25,242 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ALT

アテネの繁栄と衰退の原因で押さえておきたいポイント

※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。

ペルシア戦争

・紀元前500年から紀元前449年にかけて、アケメネス朝ペルシアとポリス諸都市からなるギリシア連合軍がペルシア戦争を起こした。

・ペルシア戦争は、紀元前500年にアケメネス朝ペルシアのダレイオス1世の圧力を受けていた小アジア西岸イオニア植民市が反乱を起こしたことが原因となった。中心となったのがミレトスという街で、この反乱をアテネが支援したことにより、アケメネス朝と開戦した。

・ ペルシア戦争は、紀元前492年、紀元前490年、紀元前480〜479年にかけて三回にわたる戦争が行われた。

・紀元前490年には、アテネ東岸のマラトンに上陸したアケメネス朝軍を、ミルティアデスが指揮したアテネ軍が撃破したマラトンの戦いが起こる。ギリシア軍の勝利をアテネに伝えるために、伝令が命をかけて走りぬいた故事が、マラソン競技の起源。

・紀元前480年には、スパルタ王レオニダスが率いたスパルタ軍が全滅したテルモピレーの戦いが起こる。

・テルモピレーの戦いの同年、紀元前480年に、テミストクレス率いるアテネ海軍と、ペルシア海軍がサラミスの海戦を起こした。この戦いでは三段櫂船という軍艦が活躍し、アテネが勝利した。

・紀元前479年には、プラタイア(プラテーエ)の戦いが起こり、アテネ・スパルタ連合軍がペルシア軍を撃破し、この勝利の結果ペルシア戦争のギリシアの勝利が決まった。紀元前449年のカリアスの和約で集結する。

・紀元前478年には、ペルシア軍の再侵攻に備え、アテネを中心としたデロス同盟が結成された。デロス同盟の最盛期は約200のポリスが加盟したが、紀元前454年以降にはデロス同盟の軍資金の金庫がデロス島からアテネに移され、アテネが権力を掌握した。

アテネ民主制の完成

・ペルシア戦争では、多くの平民が軍人や三段櫂船の漕手として戦争に貢献したため、戦争後に政治的な発言権が増した。

・民意を受け、18歳以上の成年男子市民の全員参加に基づく民会が最高権力を保持するようになり、ペリクレス(紀元前495年頃〜紀元前429年)の指導のもと、アテネの民主制が完成する。

・アテネの民主政治は、直接民主制で、民会が最高議決機関となり、将軍以外の官職の抽選制、政治や裁判参加への日当支給などが特徴であった。しかし、女性参加が認められず、奴隷制度を前提としており、現在の民主政治とは大きく異なる。

・紀元前451年には、市民権法が制定され、両親が共にアテネ人の人間にのみ、市民権が認められた。

・古代ギリシアの奴隷制は、戦争捕虜や債務奴隷を供給源としており、アテネでは全人口の3分の1が奴隷であった。スパルタではヘイロータイという隷属農民が国有奴隷として使役された。奴隷は農業や手工業に従事し、一部はアテネのラウレイオン銀山で使役され、アテネの経済を支えた。

ペロポネソス戦争とポリス社会の崩壊

・アテネが独占したデロス同盟の優位に危機感を覚えたスパルタは、紀元前6世紀にペロポネソス半島の諸ポリスとペロポネソス同盟を結成し、これに対抗した。スパルタの他にも、コリントスがこの同盟の中心となった。

・紀元前431年から紀元前404年にかけて、デロス同盟軍とペロポネソス同盟軍がペロポネソス戦争をおこした。

・ペロポネソス戦争時、指導者ペリクレスが病死し、アテネではデマゴーゴス(デマゴーグ)という扇動政治家が続出する。その結果アテネ民主制は衆愚政治へと変わり、その過程で崩壊していった。

・ペロポネソス戦争は最終的にスパルタの勝利に終わったが、戦争による国力の低下がおこった。ギリシア中部にあったアイオリス人テーベ(テーバイ)が優勢となり、エパメイノンダスが指導者となり、紀元前371年のレウクトラの戦いでスパルタに勝利し、10年間ギリシアの支配権を握った。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史