manapedia
産業革命 ~なぜ産業革命はイギリスでおこったのか~
著作名: エンリケ航海王子
168,568 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ALT


人類の歴史の中で、大転換の一つと言える出来事が産業革命です。
なぜ産業革命は大きな転換期となったのか、そして、この一連の革命はどのようにしておこったのか見ていくことにしましょう。

産業革命とは何か

産業革命は英語で「Industrial Revolution」といいます。この言葉を当てはめたのが、英国の歴史学者アーノルド=トインビーです。
トインビーは、18世紀から19世紀の状況を産業の構造変換を革命と表現しました。革命という言葉は、アメリカ独立革命やフランス革命など、政治的なものを指すことが多いですが、この産業革命も市民革命と同じく重要な歴史的転換であると彼は考えたのです。
産業革命は、それまでの主要な生産方法を大きく変え(工業化)、人々の生活や社会構造を根本から変化させた出来事でした。

イギリスの産業革命

ALT


産業革命の先陣を切ったのが、大英帝国のイギリスでした。なぜ産業革命がイギリスから始まったのか。その理由を細かく見ていきましょう。

1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史