manapedia
高校化学基礎 周期表~周期と族の名前、覚え方~
著作名: 藤山不二雄
16,905 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

このページは周期表を見ながら読んでください。
周期表の横の並び、縦の並び

周期表は、基本的には横の並びで見ていきます。この横の並びのことを 周期と言い、原子番号の順番で並んでいます。
一方で縦のグループはと呼びます。(3-11族以外での)同じ族に属する元素は性質が似ているので、それぞれの族を1つのグループとして考えます。
特に、1718族のグループには名前がついており、1族を アルカリ金属、2族を アルカリ土類金属、17族を ハロゲン、18族を 希ガスと呼びます。

周期の語呂合わせ

周期表でよく使われるのは36番のKr(クリプトン)までです。
ここでは1番~36番までの覚え方を紹介しましょう。

原子番号1~20

H He Li Be B C N O F Ne Na Mg Al Si P S Cl Ar K Ca
水兵リーベ僕の船       七曲がりシップスクラークか。

原子番号21~29

Sc Ti V Cr Mn Fe Co Ni Cu
坂道で僕の車で徹子にっこり

原子番号30~36

Zn Ga Ge As Se Br Kr
亜鉛がゲットしたセレンブロムなクリプトン


ここで紹介した以外にもいろんな覚え方があると思います。
自分に一番あった覚えやすい方法で覚えましょう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学