manapedia
整式の次数(n次式)と定数項
著作名: ふぇるまー
125,620 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

整式の次数と定数項

整式の次数と定数項を求めるためには、与えられた整式を整理する必要があります。

x³y²ab+3x³y²+4ab+2xyz+

わかりやすくするために、同類項でまとめていきます。

 (x³y²+3x³y²)-ab+4ab+2xyz+3
=4x³y²+3ab+2xyz+3

整式の次数

整理した整式において、各項の次数のうち、もっとも次数が大きいものがこの整式の次数となります。

4x³y²+3ab+2xyz+3では、
・4x³y²の次数は5(××××
・3abの次数は2(a×b
・2xyzの次数は3(××

よってこの整式の次数は5であり、これを"この整式は5次式である"と言います。

整式の定数項

"4x³y²+3ab+2xyz+3"のような整式において、文字を含んでいない項のこと定数項と言います。この場合は"3"ですね。

それでは早速、練習問題を解いてみましょう。

1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I