manapedia
よく登場する酸化剤・還元剤の半反応式の作り方一覧
著作名: 藤山不二雄
225,091 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

半反応式

半反応式とは、酸化還元反応で使用される化学反応式のことです。
電子( e-) を含んでいることが特徴です。
例えば、過マンガン酸カリウムの水溶液中での反応は、

MnO4-+8H++5e-→Mn2++4H2O

と表されます。
ここで、よく登場する酸化剤・還元剤を挙げておきましょう。

酸化剤水溶液中での変化
過マンガン酸カリウムMnO4-+8H++5e-→Mn2++4H2O
塩酸Cl2+2e-→2Cl-
過酸化水素水H2O2+2H++2e-→2H2O
二酸化硫黄SO2+4H++4e-→S+2H2O


還元剤水溶液中での変化
シュウ酸C2H2O4→2CO2+2H++2e-
ヨウ化カリウム2I-→I2+2e-
過酸化水素H2O2+2H++2e-→2H2O
二酸化硫黄SO2+2H2O→SO42-+4H++2e-


注意すべき点は、過酸化水素と二酸化硫黄は酸化剤にも還元剤にもなり、特に 二酸化硫黄は起こる反応が異なるということです。

ではこれを全部覚えなければいけないのか?ということですが、その必要はありません。
覚える箇所を最小限にして、あとは半反応式の書き方をマスターしましょう。

半反応式の書き方~覚えること~

半反応式を書くとはいっても、覚えなければいけないこともあります。
それは、 どの物質から何が生成されるのかです。

例えば上の表でみてみると、
過マンガン酸カリウムでは「MnO4-」が「Mn2+」に、二酸化硫黄(還元剤)であれば「SO2」が「SO42-」に変化しています。この 生成前と生成後の物質については覚えなければなりません。

ではそのことを頭にいれたうえで、反応式の書き方をみていきましょう。

1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学