manapedia
伊勢物語『東下り(駿河国)』テストで出題されそうな問題
著作名: 走るメロス
50,873 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

東下り(駿河国)

伊勢物語『東下り(駿河国)』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

問題

次の文章を読み、問いに答えよ


行き行きて、駿河の国にいたりぬ。宇津の山にいたりて、わが入らむとする道はいと暗う細きに、つたかえでは茂り、物心ぼそく、すずろなるめを見ることと思ふに、修行者あひたり。

かかる道はいかでかいまする

言ふを見れば、見し人なりけり。京に、その人の御もとにとて、文書きてつく。

駿河なる宇津の山べのうつゝにも夢にも人にあはぬなりけり

富士の山を見れば、五月のつごもりに、雪いと白う降れり。

時知らぬ山は富士の嶺いつとてか 鹿の子まだらに雪の降るらん

その山は、ここにたとへば、比叡の山を二十ばかり重ねあげたらんほどして、なりは塩尻のやうになんありける。

設問

Q1:「駿河の国」とは現在のどこの都道府県にあたるか。


Q2:「すずろなる」の意味と活用形を答えよ


Q3:「修行者」を歴史的仮名遣いで読め。


Q4:「かかる道は、いかでかいまする」を現代語訳せよ。


Q5:「言ふ」の主語を文章中から抜き出せ。


Q6:「見し人」とはどのような人のことか。


Q7:「五月」を歴史的仮名遣いで読め。


Q8:「つごもり」の意味を答えよ。


Q9:「時知らぬ山」とは何のことか。


次ページ:解答と現代語訳


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。