manapedia
徒然草『花は盛りに』テストで出題されそうな問題
著作名: 走るメロス
59,142 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

花は盛りに

徒然草『花は盛りに』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

問題

次の文章を読み、問いに答えよ


花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。雨に向かひて月を恋ひ、垂れ込めて春の行方知らぬも、なほあはれに情け深し咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころ多けれ。
歌の詞書にも、

「花見にまかれりけるに、早く散り過ぎにければ。」


とも、

障ることありてまからで。」


なども書けるは、

「花を見て。」


と言へるに劣れることかは。花の散り、月の傾くを慕ふならひはさることなれど、ことにかたくななる人ぞ、

「この枝かの枝、散りにけり。今は見どころなし。」


などは言ふめる。
よろづのことも、始め終はりこそをかしけれ。男女の情けも、ひとへに逢ひ見るをばいふものかは。逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをかこち、長き夜をひとり明かし、遠き雲井を思ひやり、浅茅が宿に昔をしのぶこそ、色好むとはいはめ。

望月の隈なきを千里の外まで眺めたるよりも、暁近くなりて待ち出でたるが、いと心深う、青みたるやうにて、深き山の杉の梢に見えたる木の間の影、うちしぐれたるむら雲隠れのほど、またなくあはれなり。椎柴・白樫などのぬれたるやうなる葉の上にきらめきたるこそ、身にしみて、心あらむ友もがなと、都恋しうおぼゆれ。

すべて、月・花をば、さのみ目にて見るものかは。春は家を立ち去らでも、月の夜は閨(ねや)のうちながらも思へるこそ、いとたのもしう、をかしけれ。よき人は、ひとへに好けるさまにも見えず、興ずるさまも等閑(なほざり)なり。片田舎の人こそ、色こく万はもて興ずれ。花の本には、ねぢより立ち寄り、あからめもせずまもりて、酒のみ、連歌して、はては、大きなる枝、心なく折り取りぬ。泉には手・足さしひたして、雪にはおりたちて跡つけなど、万の物、よそながら見る事なし。

設問

Q1:「隈なきをのみ見るものかは」を現代語訳せよ。


Q2:「なほあはれに情け深し」とあるが、何が情け深いのか。


Q3:「咲きぬべき」の「べき」の文法的意味とその活用形を答えよ。


Q4:「障ることありてまからで」を現代語訳せよ。


Q5:「かたくななる人」とはどのような人のことか。


Q6:「あだなる」の意味と活用形を答えよ。


Q7:「きらめきたる」の主語を本文中から1文字で抜き出せ。


Q8:「よき人」と似たような意味で使われている言葉を、本文中から抜き出せ。


次ページ:解答と現代語訳


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。