manapedia
方丈記『安元の大火・大火とつじ風(予ものの心を〜)』の品詞分解
著作名: 走るメロス
69,778 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

安元の大火

ここでは、鴨長明が書いた方丈記「安元の大火」(予ものの心を〜)の品詞分解を行っています。書籍によっては「大火とつじ風」と題するものや「いんじ安元三年四月二十八日〜」から始まるもあるようです。

現代語訳はこちら
方丈記『安元の大火』わかりやすい現代語訳と解説

品詞分解

※名詞は省略してあります。

予、代名詞
もの
格助詞
格助詞
知れラ行四段活用・已然形または命令形
存続の助動詞・連用形
過去の助動詞・連体形
より、格助詞
四十あまり
格助詞
春秋
格助詞
送れラ行四段活用・已然形または命令形
存続の助動詞・連体形
に、格助詞
格助詞
不思議
格助詞
見るマ行上一段活用・連体形
こと、
やや副詞
たびたび
格助詞
なりラ行四段活用・連用形
ぬ。完了の助動詞・終止形
いんじ
安元三年四月二十八日
係助詞
格助詞
よ。終助詞
激しく形容詞・シク活用・連用形
吹きカ行四段活用・連用形
て、接続助詞
静かなら形容動詞・ナリ活用・未然形
ざり打消の助動詞・連用形
過去の助動詞・連体形
夜、戌の時
ばかり、副助詞
格助詞
東南
より格助詞
出で来カ行変格活用・連用形
て、接続助詞
西北
格助詞
至る。ラ行四段活用・終止形
果て
格助詞
係助詞
朱雀門、大極殿、大学寮、民部省
など副助詞
まで副助詞
移りラ行四段活用・連用形
て、接続助詞
一夜
格助詞
うち
格助詞
塵灰
格助詞
なりラ行四段活用・連用形
完了の助動詞・連用形
き。過去の助動詞・終止形
火もと
は、係助詞
樋口富小路
格助詞
係助詞
や。間投助詞
舞人
格助詞
宿せサ行四段活用・已然形または命令形
存続(完了)の助動詞・連体形
仮屋
より格助詞
出で来カ行変格活用・連用形
たり完了の助動詞・連用形
ける過去の助動詞・連体形
格助詞
なむ。係助詞



1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。