manapedia
英語での挨拶「お疲れ様です」「最近どう?」など
著作名: ほりぃ
7,918 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

「こんにちは」「おつかれさま!」「お疲れ様です」「ご苦労様」など、クラスメイトや会社の同僚とかわす挨拶は様々です。
(筆者は社会人ですので、今の学生さんが使用している表現からすれば古いかもしれません。)

何も挨拶はクラス内や職場だけではありません。待ち合わせで合流したときやさよならを言うときなど、挨拶の言葉は日常の中で一番多く口にする機会があるかもしれません。英語ではどのような表現を用いているのでしょうか。

用いる頻度が多いものでは
・How's it going?
・What's up?
・Alright?
という風に挨拶をかわすことがあります。少し砕けた表現なのですが、どれも市民権を得た挨拶の仕方です。

「How's it going?」 は「最近どう?」と同じ感覚で使うことができます。
これは「How are you?」と似たようなニュアンスを持っています。「最近どう?」というよりは、むしろ「こんにちは」に近いかもしれません。

What's up は「最近なにしてる?」という意味です。
これはだいぶフランクな表現ですので、親しい人以外には使わないほうが良いでしょう。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、英語には「お疲れさま」という概念はありません。ですので、上記のような表現を用いることが多いです。


ちなみに、帰り際(サヨナラをするとき)は
・See you later
・I'll chat to you later
・Take care

といった言葉をかわします。上司でも、部下でも、同僚でもとくに違いはなく使われているようです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語