manapedia
方べきの定理の証明-点Pが円の外側と内側にある場合-
著作名: となりがトトロ
10,186 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

方べきの定理


ALT

円周上に異なる4つの点A、B、C、Dをとる。直線ABと直線CDの交点をPとするとき、


このテキストでは、この定理を証明します。

証明

方べきの定理は、(1)点Pが円Oの外にある場合と(2)点Pが円Oの内部にある場合の2パターンにわけて証明を行う。

(1)点Pが円Oの外にある場合

ALT

四角形ACDBは円Oに内接する四角形なので、

∠PAC=∠PDB -①

△PACと△PDBにおいて、∠APCは共通。 -②

①、②より△PACと△PDBは2つの角の大きさがそれぞれ等しい三角形であることがわかる。つまり△PACと△PDBは相似である。

よってPA:PD=PC:PB。つまり

PA・PB=PC・PD

が成り立つことがわかる。

(2)点Pが円Oの内部にある場合

続いて「点Pが円Oの内部にある場合」を証明していく。
ALT


△PACと△PDBにおいて、∠PACと∠PDBは、同じ弦の円周角なので

∠PAC=∠PDB -③

また、対頂角は等しいことから

∠APC=∠DPB -④

③、④より△PACと△PDBは2つの角の大きさがそれぞれ等しい三角形であることがわかる。つまり△PACと△PDBは相似である。

よってPA:PD=PC:PBつまり

PA・PB=PC・PD

が成り立つことがわかる。

以上のことから、方べきの定理が成り立つことが証明できた。
証明おわり。

・方べきの定理の証明-1本が円の接線の場合-
ALT


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。