manapedia
チェバの定理の証明(点Oが三角形の中にあるとき)
著作名: となりがトトロ
23,330 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

三角形の外心の性質


ALT

△ABCの中でも外でも良いので、任意の点Oをとる。点ABCとOとをそれぞれ結ぶ線が向かい合う辺と点P,Q、Rで交わるとき


このテキストでは、この定理を証明します。

証明

チェバの定理を証明する前に、次の性質を知っておく必要がある。

ALT



まずはこの証明を行う。
次の図のように、点Bと点CからAPもしくはその延長線上に垂線をおろし、APとの交点をそれぞれQ、Rとする。
ALT

このとき△OABの面積は、

OA×BQ÷2 -①

同様にして、三角OACの面積は

OA×CR÷2 -②

①と②から、
△OAB:△OAC=BQ:CR -③

であることがわかった。次に、BQ//CRであることに着目する。

BQ//CRより、BP:PC=BQ:CR -④

③と④より
△OAB:△OAC=BP:PCつまり



となる。ではこれを利用してチェバの定理を証明していく。

ALT

△OABと△OACにおいて、先ほど求めた定理を使って


ALT

△OBCと△OBAにおいて、同様にして


ALT

△OACと△OBCにおいて、同様にして


よって



が成り立つことがわかる。
証明おわり。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。