manapedia
ビザンツ帝国史 ~ビザンツ帝国の成立とユスティニアヌス帝~
著作名: エンリケ航海王子
27,434 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ALT


イスタンブールというトルコの首都を知っていますか??この都市は過去にコンスタンティノープルという都で、現在のトルコが建国されるまで、そこにはビザンツ(東ローマ)帝国というキリスト教国がありました。今日はこの帝国について解説したいと思います。

初期ビザンツ帝国

ローマ帝国の末期の330年、時のローマ皇帝コンスタンティヌスは、古代ギリシアの植民地だったビザンティウムを自らの名前を冠したコンスタンティノープルという呼び名に変え、都を建造しました。

コンスタンティヌスから更に時代はくだり、テオドシウス1世の時代に入ると、ローマ帝国は衰退してしまいます。
その後テオドシウス1世が死ぬとローマ帝国は東西に分裂し、それぞれ西ローマ帝国東ローマ帝国として別々の帝国となりました。

東ローマ帝国を別名ビザンツ帝国と呼びますが、その名前は首都の旧名ビザンティウムに由来しています。


その後西ローマ帝国は476年、ゲルマン人傭兵オドアケルによって滅ぼされてしまいますが、東ローマ帝国はその後1000年以上も繁栄します。

初期ビザンツ帝国で最も繁栄した時代を築いたのがユスティニアヌス1世(在位527年〜565年)です。彼の統治を支えたのが、皇后テオドラでした。

ALT

(ユスティニアヌス帝)

1ページ
前ページ
1/4
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史