manapedia
化学基礎 中和反応の計算問題
著作名: 藤山不二雄
106,608 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

中和反応の計算問題についてみていきましょう。

中和反応には次のような公式があります。
酸の価数×酸の物質量=塩基の価数×塩基の物質量

物質量=モル濃度×体積


この式さえ押さえていれば、 中和反応計算の問題は怖くありません!

問題

濃度のわからない水酸化バリウム水溶液30.0mlを0.01molの塩酸で中和したら20.0mlが必要であった。この水酸化バリウム水溶液の濃度を求めなさい。


ステップ1 価数をチェック

酸と塩基の価数がいくつなのかをチェックします。
ここでは塩酸は1価の酸、水酸化バリウムは2価の酸ですね。

ステップ2 公式に代入

あとは公式①に代入するだけです。

酸の価数×酸の物質量塩基の価数×塩基の物質量

水酸化バリウムのモル濃度をCとすると

1×0.01mol×20.0ml=2×C×30.0

C=0.0033mol/l これが答えです。

酸と塩基の価数に注意しましょう。

物質量の計算の仕方を再度確認しましょう。


ではもう1問。

1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学