manapedia
『初冠』の品詞分解(助動詞・動詞の活用など) 
著作名: 走るメロス
206,540 views
初冠

ここでは、伊勢物語の初段「初冠」(昔、男初冠して、平城の京、春日の里に、しるよしして、狩りに往にけり〜)の品詞分解を行っています。

※現代語訳:伊勢物語『初冠』のわかりやすい現代語訳と解説

品詞分解

※名詞は省略してあります。

昔、
初冠
サ行変格活用「す」の連用形
て、接続助詞
平城の京、
春日
格助詞
に、格助詞
しるラ行四段活用「しる」の連体形
よし
して、格助詞/接続助詞、またはサ行四段活用「す」の連用形「し」+接続助詞「て」
狩り
格助詞
往にナ行変格活用「いぬ」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
代名詞
格助詞
に、格助詞
いと副詞
なまめいカ行四段活用「なまめく」の連用形「なまめき」のイ音便
たる存続の助動詞「たり」の連体形
女はらから
すみマ行四段活用「すむ」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
代名詞
格助詞
かいまみマ行上一段活用「かいまみる」の連用形
完了の助動詞「つ」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
思ほえず連語:ヤ行下二段活用「おもほゆ」の未然形「思ほえ」+打消の助動詞「ず」の連用形「ず」
ふるさと
格助詞
いと副詞
はしたなくク活用の形容詞「はしたなし」の連用形
接続助詞
ありラ行変格活用「あり」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、接続助詞
心地
まどひハ行四段活用「まどふ」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形
の、格助詞
カ行上一段活用「きる」の連用形
たり存続の助動詞「たり」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
狩衣
格助詞
格助詞
切りラ行四段活用「きる」の連用形
て、接続助詞
格助詞
書きカ行四段活用「かく」の連用形
接続助詞
やる。ラ行四段活用「やる」の終止形
代名詞
格助詞
男、
しのぶずり
格助詞
狩衣
格助詞
なむ係助詞(※係り結び)
カ行上一段活用「きる」の連用形
たり存続の助動詞「たり」の連用形
ける。過去の助動詞「けり」の連体形



1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。