manapedia
伊勢物語 『初冠』のわかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
311,334 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

伊勢物語『初冠』

このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の一節、「初冠」の現代語訳と解説をしています。作者は不明です。

初冠のあらすじ

初冠とは、元服の儀式のときに初めて冠を着けることです。このお話は、ある若い男性が、京の都から奈良に鷹狩りに行ったときに、美しい2人の姉妹を垣間見るというところから始まります。

原文

昔、男初冠して、平城の京、春日の里に、しるよしして、狩りに往にけり。 その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。この男かいまみてけり。 思ほえず、ふる里にいとはしたなくてありければ、心地 まどひにけり

男の、着たりける狩衣の裾を切りて、歌を書きてやる。 その男、しのぶずりの狩衣をなむ着たりける。
  
春日野の若紫のすりごろも しのぶの乱れかぎりしられず

となむ追ひつきて言ひやりける。ついでおもしろきことともや思ひけむ。
   
陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにし我ならなくに

といふ歌の心ばへなり。昔人は、かくいちはやきみやびをなむしける。

現代語訳(口語訳)

昔、とある男が、元服して、奈良の都の春日の里に、その土地を領有している縁で、狩りに出かけました。その里に、たいそう若々しくて美しい姉妹が住んでいました。この男は、(その姉妹を)物影からこっそりと覗き見てしまいました。(京の都ではなく)思いもよらず(このような寂れた)旧都に、不釣り合いな様子で(美しい姉妹が)いたので、(男は)心を乱してしまいました。

男は、着ていた狩衣の裾を切って、(それに)歌を書いて(姉妹に)贈りました。その男は、しのぶずりの狩衣を着ていました。

春日野の若々しい紫草で染めた衣の、しのぶずりの模様が乱れているように、(私の心は、美しいあなた達姉妹への恋を)忍んで限りなく乱れております。

と、すぐに詠んで贈りました。ことの成り行きを趣があることだと思ったのでしょうか。(この歌は、)

陸奥のしのぶずりの乱れ模様のように、あなた以外の誰のために心が乱れる私ではないのに。

という昔の歌の趣向を踏まえたものです。昔の人は、このように(垣間見をした女性にすぐ恋の歌を贈るといった)激しい風流な振る舞いをしたのでした。

次ページ:品詞分解と単語の解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。