manapedia
『奥の細道 平泉』の品詞分解(助動詞・動詞の活用・原文など)
著作名: 走るメロス
44,980 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

平泉

このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中の「平泉」(三代の栄耀一睡のうちにして〜)の品詞分解を行っています。

※現代語訳:奥の細道『平泉』わかりやすい現代語訳と解説

品詞分解

※名詞は省略しています。

三代
格助詞
栄耀
一睡
格助詞
うち
断定の助動詞「なり」の連用形
して、接続助詞
大門
格助詞
係助詞
一里
こなた
格助詞
あり。ラ行変格活用「あり」の終止形
秀衡
格助詞
係助詞
田野
格助詞
なりラ行四段活用「なる」の連用形
て、接続助詞
金鶏山
のみ副助詞
格助詞
残す。サ行四段活用「のこす」の終止形
まづ副詞
高館
格助詞
のぼれラ行四段活用「のぼる」の已然形
ば、接続助詞
北上川
南部
より格助詞
流るるラ行下二段活用「ながる」の連体形
大河
なり。断定の助動詞「なり」の終止形
衣川
は、係助詞
和泉が城
格助詞
めぐりラ行四段活用「めぐる」の連用形
て、接続助詞
高館
格助詞
にて格助詞
大河
格助詞
落ち入る。ラ行四段活用「おちいる」の終止形
泰衡ら
格助詞
旧跡
は、係助詞
衣が関
格助詞
隔てタ行下二段活用「へだつ」の連用形
接続助詞
南部口
格助詞
さし固め、マ行下二段活用「さしかたむ」の連用形
格助詞
防ぐガ行四段活用「ふせぐ」の終止形
格助詞
見えヤ行下二段活用「みゆ」の連用形
たり。存続または完了の助動詞「たり」の終止形
さても接続詞
義臣
すぐつラ行四段活用「すぐる」の連用形「すぐり」の促音便
接続助詞
代名詞
格助詞
格助詞
こもり、ラ行四段活用「こもる」の連用形
功名
一時
格助詞
くさむら
格助詞
なる。ラ行四段活用「なる」の終止形



1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。