manapedia
沙石集『いみじき成敗/正直の徳』の品詞分解2(国主、眼さかしくして〜)
著作名: 走るメロス
27,708 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

いみじき成敗/正直の徳

このテキストでは、沙石集の一節「いみじき成敗」(国主、眼さかしくして〜)の品詞分解、敬意の向きを記しています。書籍によっては「正直の徳」と題するものもあるようです。
2回に渡ってお送りしていますが、このテキストはその2回目です。

※前回のテキスト:品詞分解「いみじき成敗/正直の徳」(国の守、眼さかしくして〜)

※現代語訳:「いみじき成敗/正直の徳」現代語訳と文法解説

単語品詞敬意の向き
国守、
さかしくシク活用の形容詞「さかし」の連用形
して、接続助詞
代名詞
格助詞
係助詞
不実
格助詞
者、
代名詞
格助詞
係助詞
正直
格助詞
格助詞
マ行上一段活用「みる」の連用形
ながら、接続助詞
不審なりナリ活用の形容動詞「ふしんなり」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、接続助詞
代名詞
格助詞
格助詞
召しサ行四段活用「めす」の連用形・尊敬語作者→国守
て、接続助詞
格助詞
にて、格助詞
格助詞
子細
格助詞
尋ぬるナ行下二段活用「たづぬ」の連体形
に、接続助詞
格助詞
格助詞
少しも副詞
たがはハ行四段活用「たがふ」の未然形
ず。打消の助動詞「ず」の終止形



1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。