manapedia
なぜイギリスの議会は権利の請願を行ったのか?
著作名: John Smith
13,224 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

イギリス革命とは

17世紀のイギリスでは、ピューリタン革命(1642年~1649年)名誉革命(1688年~1689年)という2つの革命が起こりました。

この革命は、資本主義の発達とともに力を持った市民階級によって起こされた最初の革命で、後のアメリカ独立革命フランス革命とともに、市民革命といわれます。

権利の請願とは

イギリスの歴史の中でも、重要な出来事の一つがピューリタン革命です。この革命の前段階に行われたのが権利の請願です。

権利の請願は、議会が同意しない課税や、不法逮捕などに反対した内容の請願書で、1628年にイギリス議会が国王チャールズ1世に提出しました。

権利の請願は、歴史的に見て非常に重要な転換点に行われたものでした。

なぜ権利の請願が行われたのか

当時のイギリスは、テューダー朝の血統が途絶えた後、スコットランドからジェームズ1世(在位1603年~1625年)を迎え、ステュアート朝が開かれました。

ジェームズ1世は熱心な王権神授説の信奉者で、議会の無視やピューリタンの弾圧など、絶対主義政策を取りました。

ジェームズ1世のあと王位についた次男のチャールズ1世(在位1625年~1649年)も、父と同じく絶対主義政策を取り続けます。

一方、国内ではジェントリなど新興階層が経済的な力を持ち始め、その多くは熱心なピューリタンでした。

ピューリタンとは、イギリスのカルヴァン派のことです。カルヴァン主義にもとづき、蓄財を認められた人々は、社会的に産業資本家として新しい階層を作っていったのです。


経済的に成功したピューリタンたちは、イギリス議会の多数派を占めるようになっていきます。

次第にチャールズ1世とイギリス議会の対立は、深刻になっていったため、1628年、イギリス議会は大憲章以来続く自治権の保障を求め、権利の請願を国王に提出したのです。

ところが、国王はこれを無視し、専制政治を続け、その後スコットランド鎮圧の費用を増税で賄おうと短期議会長期議会という2つの議会を招集し、長期議会のさなか、王党派と議会派の対立が激化、1642年からピューリタン革命がおこり、チャールズ1世は処刑され、最終的に議会派が勝利しました。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史