manapedia
2次関数f(x)=ax²+bx+cのグラフのかき方
著作名: となりがトトロ
88,854 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

2次関数のグラフのかき方

2次関数の分野では、f(x)=ax²+bx+cのグラフをかけという問題や、グラフをかいて考えるという問題が多く出題されます。グラフをかけないことには何もできないので、ここではグラフのかき方について学習しましょう。

f(x)=ax²+bx+cではわかりにくいので、f(x)=x²-2x-2という2次関数を使っていきます。

その①

f(x)=ax²+bx+cをf(x)=a(x-p)²+qの形に変更する


f(x)=x²-2x-2を書き換えると、f(x)=(x-1)²-3となります。
※詳しい計算を書くと、x²-2x-2=x²-2x+1-1-2=(x-1)²-3

その②

f(x)=a(x-p)²+qの”p”と”q”に注目する

f(x)=(x-1)²-3でいうと、”1”と”3”

その③

グラフの頂点を求める


f(x)=a(x-p)²+qの”p”がグラフの頂点のx座標に、”q”がグラフの頂点のy座標になります。つまり、f(x)=(x-1)²-3のグラフは、(1,3)を頂点とするグラフであることがわかります。

その④

グラフの向きを考える


f(x)=ax²+bx+cのaの値でグラフが下に凸なのか、上に凸なのかがわかります。

※下に凸、上に凸のイメージ図↓
ALT


a>0なら下に凸、a<0なら上に凸となります
f(x)=x²-2x-2はa>0なので、下に凸なグラフです。


以上のことからf(x)=x²-2x-2は、(1,3)を頂点とする下に凸なグラフであることがわかりました。あとはグラフをかくだけです。

ALT

赤丸で囲ったところを書いておくとさらにGOODです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I