manapedia
2次関数のグラフとx軸との共有点を求める方法
著作名: となりがトトロ
18,692 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

2次関数のグラフとx軸との共有点

a>0の場合


のグラフとx軸との共有点の数の求め方について学習しましょう。


とx軸との関係は、次の3パターンとなります。
ALT


判別式をつかう

共有点の数を求めるには、判別式とよばれる公式を使います。
判別式とはD=b²-4ac


D>0、すなわちb²-4ac>0のとき、f(x)のグラフとx軸とは2つの共有点をもつ
D=0、すなわちb²-4ac=0のとき、f(x)のグラフとx軸とは1つの共有点をもつ
D<0、すなわちb²-4ac<0のとき、f(x)のグラフとx軸とは共有点をもたない

a<0の場合

の場合も同様です。
ただし、グラフの向きが逆になるので注意しましょう。
ALT


練習問題

判別式をつかった練習問題を解いてみましょう。


とx軸との共有点の数を求めなさい


早速判別式を使います。


D>0なので、共有点の数は2つ。
確かめのためにのグラフをかいてみます。

ALT


図のように、共有点が2つあることがわかります。

答え:共有点2つ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I