manapedia
英語で「頭痛、腹痛、熱がある、下痢気味」症状を伝える表現
著作名: ほりぃ
18,995 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

日頃生活をしていると、体調が悪くなることってありますよね。今回はそんなときに症状をどのように伝えたらいいのかについて簡単に説明したいと思います。

〇〇が痛い

そもそも「〇〇が痛い」というのは、どのように伝えたらよいのでしょうか。
英語では、「〇〇が痛い」ではなく、「〇〇な痛みを持っている」というように言葉にします。

例えば、「頭が痛いです」という日本語を英語にするならば、次のように考えます。

I have a headache.

直訳するならば、「私は頭痛を持っています」となりますが、これで「頭が痛いです」のニュアンスになります。この表現はいろんな場合に使えます。
例えばお腹が痛いときは次のようになります。

I have a stomach ache.

ちなみにこの「I have a~」という表現は、「○○が痛い」といった場合だけではなく、「〇〇な症状がある」というシチュエーションでも使えます。
熱がある場合は、I have a fever
下痢の場合は、 I have a diarrhea.

となります。
「I have a 症状」で「〇〇が痛い、〇〇な症状だ」というように覚えておきましょう。]



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語