manapedia
三角比で三角形の面積を求める公式の証明(S=1/2bc sinA)
著作名: となりがトトロ
24,466 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

三角比で三角形の面積を求める方法の証明

ALT


△ABCにおいて、次の公式が成り立つ。

この公式の証明をしていく。

証明

Cから辺ABに対して垂直に線をおろし、その交点をHとする。わかりやすくするために、AC=b、AB=c、CH=hとする。

△ACHにおいて、


なのでこれを変形して、


ところで三角形の面積を求めるには、底辺×高さ÷2をすればよかった。この△ABCの面積Sは

で求めることができる。

さきほど


であると求めたので、これを三角形の面積の公式に代入をする。すると


が求まる。
今回は∠Aを基準に証明をしたが、他の角においても同様にして証明することができる。

証明おわり。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I