manapedia
「まして~ならなおさら」を英語で(much moreとmuch lessの違い)
著作名: なかた
42,481 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

まして~ならなおさら

「彼はスペイン語が話せる。ましてや英語ならなおさらです。」や「彼は英語が話せない。ましてやフランス語はなおさらです。」のように「まして~である」、「なおさら~だ」と言いたいときがありますよね。

2つ例を挙げましたが、実はポジティブな内容を伝えるのか、それともネガティブな内容を伝えるのかで用いる表現が異なります。「彼はスペイン語が話せる。ましてや英語ならなおさらです。」はポジティブな内容で、「彼は英語が話せない。ましてやフランス語はなおさらです。」はネガティブな内容になります。

much more

ポジティブな内容を伝えるときには"much more"を使います。

"He can speak Spanish, much more English."

much less

ネガティブな内容を伝えるときには、"much less""を使います。

"He can't speak English, much less French."

ネガティブな内容とは、必ずしも否定表現(notやnever)が用いられているというわけではなく、文章の内容で判断します。例えば「彼は友達の言うことを聞こうとしない。ましてライバルならなおさらだ。」は、ネガティブな内容になります。これを英語で表すと

"He won't listen to his friends, much less his rivals."

となります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語