manapedia
「~する価値がある」を英語で(worth-ing/be worth a原形)
著作名: なかた
35,382 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

する価値がある/be worth-ing


A:昨日美術館に行ってきたよ。

B:どうだった?

A:行く価値はあると思うよ!



A:英語を勉強するか迷っているの。

B:勉強する価値があると思うよ。英語が話せれば世界中のどこでも仕事ができるじゃないの。


これらの会話のように、「~する価値がある」という表現は日常でもよく使われる表現です。これを英語で表すには、"be worth -ing"という表現を使います。「絶対やった方がいいよ、まじで!」と更に念をおす場合には、"be well worth -ing"と"well"を加えます。

例文をみると、「行く価値がある」なら"It's worth going."となり、「勉強する価値がある」なら"It's worth learning."となります。"~ing"には、一般動詞のing形が入ります。

"be worth to 動詞"としないように気をつけましょう。


be worth a 動詞の原形

"be worth -ing"の他に"be worth a 動詞の原形"と表すこともできます。例えば、「試してみる価値がある」なら"It's worth a try."となり、「一見の価値がある」なら"It's worth a look."となります。

"be worth -ing"のかわりに"be worth a 動詞の原形"でもOK





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語