manapedia
高校古文『ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ』訳・解説・品詞分解
著作名: 走るメロス
28,547 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、紀友則によって詠まれた歌で、古今和歌集に収録されている、「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」という歌について説明していきます。

原文

ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ

現代語訳

日の光がこんなにものどかな春の日に、どうして桜の花だけは(落ち着いた心がなく)散っていってしまうのだろうか。

解説・鑑賞のしかた

この歌は紀友則の詠んだ歌で、小倉百人一首にも収録されています。ちなみに紀友則は土佐日記で有名な紀貫之のいとこにあたります。

さてこの歌の楽しみかたです。まず「ひさかたの」は「光」にかかる枕詞です。「ひかりのどけき」は「のどかな光」と訳しています。ここで言う「花」とは「桜の花」のことで、「暖かくなってきた春の日なのに桜の花だけはさっさと散っていってしまうのはなんでだろうか」という寂しい気持ちを表した、とても日本らしい歌ですね。

単語


ひさかたの「光」にかかる枕詞
しづ心落ち着いた心


品詞分解

※名詞は省略してあります。

ひさかたの(枕詞)

のどけき(形容詞・ク活用・連体形)

(格助詞)

(格助詞)
しづ心
なく(形容詞・ク活用・連用形)

(格助詞)
散る(ラ行四段活用・終止形)
らむ(原因推量の助動詞・連体形)


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。