manapedia
高校古文『心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ』訳・解説・品詞分解
著作名: 走るメロス
14,525 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、西行の詠んだ歌で新古今和歌集に収録されている、「心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ」という歌の現代語訳と解説・品詞分解を行っています。

原文

心なき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ

現代語訳

俗世間から離れた私のような身であっても、しみじみすることはあるものです。鴫(しぎ)が飛び立つ沢の夕暮れよ。

解説・鑑賞のしかた

この歌は、平安時代から鎌倉時代の僧、西行によって詠まれたものです。心なき身とは、出家して俗世間の感情を捨て切った僧の身、あはれとは悲しみや人を憐れむ気持ちではなく、心に染みる感動を意味します。鴫(しぎ)とは鳥の一種で、鴫立つ沢とは、鴫が飛びだって行く小川のことを指しています。「心なき」=「心がない」として「どこか魂が脱けてしまったような人」などと訳さないように注意しましょう。

出家して人の感情を捨てたにもかかわらず、鴫が飛び立つ沢をみていたら、なんとも言えない感動が心にわいてきたよ」と、俗世間を捨てたはずの西行が、このように感情的な歌を詠んでいるというところがこの歌の最大のだいご味です。

単語


心なし物の情緒を理解する心がない
あはれしみじみとした情緒
渡り鳥の一種


品詞分解

※名詞は省略してあります。

心なき(形容詞・ク活用・連体形)

(格助詞)
(係助詞)
あはれ
(係助詞)
知ら(ラ行四段活用・未然形)
(自発の助動詞・連用形)
けり(詠嘆の助動詞・終止形)

立つ(タ行四段活用・連体形)

(格助詞)

(格助詞)
夕暮れ



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。