manapedia
化学基礎 酸と塩基の価数~強酸と弱酸はどこで決まるの?~
著作名: 藤山不二雄
155,909 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

価数

塩酸HClは、水溶液中で に電離します。
水酸化ナトリウムNaOHは水溶液中で とに電離しています。
この を放出する物質のことを「」、 を放出する物質「塩基」といいますが、放出できる をいくつ持っているのか、この単位のことを 価数といいます。

の価数を酸の価数 の価数を塩基の価数とも言いますので合わせて覚えておきましょう。

価数の数え方

塩酸の場合、持っている は1つです。このとき塩酸は1価の酸であると言います。
同じように、NaOHは1価の塩基であると言います。

それでは、硫酸 や水酸化アルミニウム などは何といえばいいでしょうか?

硫酸は2つのと1つのに電離されるので、2価の酸です。
水酸化アルミニウムは1つののと3つのとに分離されるので3価の塩基となります。

ちなみに1molの塩酸が放出するは1molです。
1molの硫酸が放出するは2molです。( 2価の酸のため)
1価は大丈夫ですが、2価や3価では必ず酸・塩基のモル数に価数をかけないといけませんので注意してくださいね。

強い酸と弱い酸、強い塩基と弱い塩基

よくこの物質は強酸だ。とか弱酸性〇〇といった製品を耳にしますね。
では一体この酸や塩基の強弱はどこで決定されているのでしょうか。
もちろんpHの大きさではあるのですが、そのpHは何をもって決まっているのかを説明します。
酸と塩基の強さは電離度の大きさに比例する

結論から書きましたが、すなわちそういうことです。

同じ濃度の塩酸と酢酸の水溶液を比較すると、塩酸の方が酸性が強いことがわかっています。これは、塩酸が水溶液中でほぼ100%電離しているのに大して、酢酸は一部のみしか電離しないためです。
きちんと電離しているもの強酸強塩基と呼ばれ、電離していないもの弱酸弱塩基と呼ばれます。
塩酸のように水溶液中で100%電離している状態を、 完全電離と呼びます。
また、どれほど電離しているのかを示したものを電離度と呼び、
電離している酸(塩基)のmol÷溶液に溶かした酸(塩基)のmol

で求めることができます。


強酸化弱酸か、強塩基か弱塩基かは覚えていくしかありませんので根気強くやっていきましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






化学