manapedia
『士やもむなしくあるぺき万代に語り継ぐべき名は立てずして』現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
8,486 views
はじめに

ここでは、万葉集で詠まれている「士やもむなしくあるべき万代に語り継ぐべき名は立てずして」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。

原文

士やもむなしくあるべき万代に語り継ぐべき名は立てずして

ひらがなでの読み方

をのこやも むなしくあるべき よろづよに かたりつぐべき なはたてずして

現代語訳

男たる者が、無駄に朽ちはててしまってよいものだろうか。後の代までも語り継がれるような立派な名声をたてることのないままにして。

単語

士(をのこ)一般男性を指す言葉
むなしここでは「無駄に」と訳す
万代に永久に・永遠に


品詞分解

※名詞は省略しています。

係助詞
係助詞
むなしく形容詞・シク活用・連用形
あるラ行変格活用・連体形
べき適当の助動詞・連体形
万代
格助詞
語り継ぐガ行四段活用・終止形
べき適当の助動詞・連体形
係助詞
立てタ行下二段活用・未然形
打消の助動詞・連用形
して接続助詞


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。