manapedia
『橘の匂ふあたりのうたた寝は夢も昔の袖の香ぞする』現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
7,336 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、新古今和歌集に入っている「橘の匂ふあたりのうたた寝は夢も昔の袖の香ぞする」という歌の現代語訳と品詞分解をしていきます。

原文

橘の匂ふあたりのうたた寝は夢も昔の袖の香ぞする

現代語訳(口語訳)

橘の花の香のするあたりでうたた寝をすると、夢の中でも慣れ親しんだ昔の人の袖の香がすることです。

単語・解説

うたたね夏の夜の短い眠りのこと。恋の気分を漂わせる言葉
香ぞする「ぞ~する」で係り結びの法則


この歌は藤原俊成女によって詠まれた歌ですが、古今和歌集にある「五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」を本歌とした、本歌取りの技法が用いられています。

品詞分解

※名詞は省略してあります。


(格助詞)
匂ふ(ハ行四段活用・連体形)
あたり
(格助詞)
うたた寝
(格助詞)

(係助詞)

(格助詞)

(格助詞)

(係助詞)
する(サ行変格活用・連体形)


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。