manapedia
『稲つけばかかる我が手を今夜もか殿の若子が取りて嘆かむ』現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
8,096 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、万葉集で詠まれている「稲つけばかかる我が手を今夜もか殿の若子が取りて嘆かむ」という歌について説明していきます。

原文

稲つけばかかる我が手を今夜もか殿の若子が取りて嘆かむ

現代語訳(口語訳)

稲をつくと手があかぎれるので、今夜も(あかぎれた私の手を見て)お屋敷の若様が嘆くのだろうか。

単語・解説

東歌東国(都からみて東側。いわゆる田舎)を詠んだ歌ということで、東歌と言われる
稲つけば昔はねずみや虫から米を守るために、食事のたびに米を精米していたので、「毎食、稲をつくごとに」となる
かかるあかぎれができる
か~嘆かむ係り結びの法則


品詞分解

※名詞は省略してあります。


つけ(カ行四段活用・已然形)
(接続助詞)
かかる(ラ行四段活用・連体形)

(格助詞)

(格助詞)
今夜
(係助詞)
(係助詞)
殿
(格助詞)
若子
(格助詞)
取り(ラ行四段活用・連用形)
(接続助詞)
嘆か(カ行四段活用・未然形)
(推量の助動詞・連体形)



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。