manapedia
高校古文『熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな』意味・現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
53,675 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

ここでは、額田王の詠んだ歌で、万葉集に入っている「熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」という歌について説明していきます。

原文

熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな

現代語訳(口語訳)

熟田津で船で出発しようと待っている。月が出てきたので、船出に都合よく潮の流れもでてきた。さぁ、漕ぎ出そう。

解説・鑑賞のしかた

この歌は、額田王(ぬかたのおおきみ)によって詠まれた歌です。(一説には斉名天皇が詠んだのではないかという説もあります。)額田王は王とついていますが女性です。熟田津(にきたつ)とは地名のことです。正確にどこなのかはわかっていませんが、愛媛県の道後温泉あたりなのではないかと言われています。この歌が詠まれたときの情景を説明しておきましょう。

この歌が詠まれたのは、白村江の戦いと呼ばれる戦いの時期です。この戦いは朝鮮半島で当時勢力を持っていた国々の争いです。高句麗百済新羅任那の4カ国がありました。日本は任那を通して朝鮮半島で一定の力をもっていたのですが、この戦いのために日本からわざわざ出兵をしました。熟田津でちょっと旅の疲れをいやして、「さぁ出発だ!」というときに詠まれたのがこの歌です。

品詞分解

※名詞は省略してあります。

熟田津
(格助詞)
船乗り
(サ行変格活用・未然形)
(意思の助動詞)
(格助詞)

待て(タ行四段活用・已然形)
(接続助詞)

(係助詞)
かなひ(ハ行四段活用・連用形)
(完了の助動詞・終止形)

(係助詞)
漕ぎ出で(ダ行下二段活用・未然形)
(勧誘の終助詞)


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。