manapedia
式子内親王『桐の葉もふみわけがたくなりにけり必ず人を待つとなけれど』現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
8,167 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「桐の葉もふみわけがたくなりにけり必ず人を待つとなけれど」という歌について説明していきます。

原文

桐の葉もふみわけがたくなりにけり必ず人を待つとなけれど

現代語訳(口語訳)

桐の葉も落ちては積もり、人の来訪がないので踏み分けにくいほどになってしまった。必ずしも、人を待っているというわけではないのだけれど。

単語・解説


ふみわけがたくなりにけり来訪があると、道の落ち葉は踏まれて、そこに人が通ったあとが残るものだが、人がまったくやってこないので、どこが道なのかもわからなくなってしまった。
人を待つとなけれど必ずしも待ってはいないと言いつつも、どこか人恋しさを求める心を見事に表現している


品詞分解

※名詞は省略してあります。


(格助詞)

(係助詞)
ふみわけがたく(形容詞・ク活用・連用形)
なり(ラ行四段活用・連用形)
(完了の助動詞・連用形)
けり(詠嘆の助動詞・終止形)
かならず(副詞)

(格助詞)
待つ(タ行四段活用)
(格助詞)
なけれ(形容詞・ク活用・已然形)
(接続助詞)


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。