manapedia
西行法師『風になびく富士の煙の空に消えて ゆくへもしらぬわが思ひかな』現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
29,512 views
はじめに

このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「風になびく富士の煙の空に消えて ゆくへもしらぬわが思ひかな」という歌について説明していきます。

原文

風になびく富士の煙の空に消えて ゆくへもしらぬわが思ひかな

現代語訳(口語訳)

風になびく富士の噴煙が空に消えてゆく。その煙と同じように、私の思いもどこに行こうとするのか、行方もわからない。

解説・鑑賞のしかた

この歌を詠んだ西行法師は、妻子を残して出家をし、生涯流浪の旅を続けました。この歌は、そんな自分と行くあての知れない煙とをかけあわせ、自分自身に問いかけてみた句です。

単語


我が思かな「ひ」は「火」とかけている(掛詞)


品詞分解


(格助詞)
なびく(カ行四段活用・連体形)
富士
(格助詞)

(格助詞)

(格助詞)
きえ(ヤ行下二段活用・連用形)
(接続助詞)
ゆくへ
(係助詞)
しら(ラ行四段活用・未然形)
(打消の助動詞・連体形)

(格助詞)
思ひ
かな(終助詞)


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。