manapedia
イオンとは(陽イオンと陰イオン)
著作名: かたくり工務店
49,962 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

どの原子においても、陽子の数と電子の数は同じであり、電気的に中性であると言えます。しかし、原子がくっついて化合物になるときに、原子はその性質を変えます。

+(プラス)か-(マイナス)の電気を帯びるのです。

ALT


+(プラス)か-(マイナス)の電気を帯びた状態の原子のことをイオンと言います。例えばナトリウムと塩素が化合して塩化水素になる反応をみてみます。

ナトリウム+塩素→塩化ナトリウム

ナトリウムも塩素も、原子の状態であれば電気的に中性です。しかし2つの原子がくっつこうとするとき、ナトリウムは+の電気を帯びたイオンに変化し、塩素は-の電気を帯びたイオンに変化します。わかりやすくかくと次のようになります。

ナトリウム()+塩素()→塩化ナトリウム

+の電気を帯びるか、-の電気を帯びるかは、原子の種類によって決まっています。+の電気を帯びたものを陽イオン、-の電気を帯びたものを陰イオンと言います。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科