manapedia
『去年見てし秋の月夜は照らせども相見し妹はいや年放る』 現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
4,271 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、万葉集で詠まれている「去年見てし秋の月夜は照らせども相見し妹はいや年放る」という歌について説明していきます。

原文

去年見てし秋の月夜は照らせども相見し妹はいや年放る

現代語訳(口語訳)

今年の秋に見る月は、去年見た月と同じように夜空を照らしているけれど、その月を一緒にみた妻の存在は、年が経つごとにいよいよ、遠くへ行ってしまう。

解説・鑑賞のしかた

柿本人麻呂が、亡くなった奥さんのために詠んだ歌です。月という普遍的なものと、亡くなってしまった妻(普遍的ではない)を対比させることで、妻を失った悲しみを痛いほどに訴えかけています。

単語


男性から親しい女性に対する呼び方。奥さんや恋人を指すことが多い
いやいよいよ
年放る年々遠ざかる。妻の存在が年々遠ざかってしまう


品詞分解

※名詞は省略してあります。

去年
(マ行上一段活用・連用形)
(完了の助動詞・連用形)
(過去の助動詞・連体形)

(格助詞)
月夜
(係助詞)
照らせ(サ行四段活用・已然形)
ども(接続助詞)
相見(マ行上一段活用・連用形)
(過去の助動詞・連体形)

(係助詞)
いや(副詞)

放る(ラ行四段活用・終止形)


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。