manapedia
『見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮』 現代語訳と品詞分解・文法解説
著作名: 走るメロス
117,115 views
はじめに

このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解をしています。藤原定家が詠んだ歌で、三夕の歌の一首です。

原文

見渡せば(※1)花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮

ひらがなでの読み方

みわたせば はなももみじも なかりけり うらのとまやの あきのゆうぐれ

現代語訳・解釈

見渡してみると、春の美しい花も秋の紅葉も(ここには)ないことよ。海辺の苫ぶきの粗末な小屋のあたりの秋の夕暮れよ。

単語

(※1)花も紅葉も「花」は春を、「紅葉」は秋を連想させる代表的な名詞


解説・鑑賞のしかた

この歌の詞書には、「西行法師が私にすすめて百首の歌を詠ませたときに(詠んだ歌)」と書かれています。

この歌は、源氏物語の「明石」の章の「なかなか、春秋の紅葉の盛りなるよりは、ただそこはかとなう茂れる陰どもなまめかしきに」(かえって、春秋の花や紅葉が盛りである時よりも、ただ何気なく茂っている草の蔭などが、美しい感じがする)を典拠(出典)とし、光源氏の立場にたって詠んだ歌とされています。

花も紅葉もないと述べていますが、花や紅葉という言葉をあえて一度使うことによって、まず読者に華やかなイメージをうえつけています。その効果によって、後に続く「浦の苫屋の秋の夕暮」という言葉から受ける寂しさをよりいっそう強く感じますね。伝統的な色彩美を消し去り、静かさや寂しさの中に感じる趣が「わび、さび」と結びついて称賛されました。

品詞分解

※名詞は省略しています。

見渡せサ行四段活用「みわたす」の已然形
接続助詞
係助詞
紅葉
係助詞
なかりク活用の形容詞「なし」の連用形
けり詠嘆の助動詞「けり」の終止形
格助詞
苫屋
格助詞
格助詞
夕暮


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。