manapedia
血液はどんな成分からできているのか(赤血球・白血球・血しょうの働き)
著作名: かたくり工務店
36,015 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

血液

私たちの体を流れている血液は、体重の約7%をしめていると言われています。血液は、赤血球白血球血小板の3つの固体の成分と、血しょうとよばれる液体の成分があわさったものです。
ALT

(左から赤血球、血小板、白血球)

赤血球

赤血球は、肺からとりいれた酸素と結び付いて、体全体に酸素を運ぶ役割をします。酸素の多いところでは酸素とくっつき、酸素の少ないところでは、くっついている酸素をはなすという性質があります。核はもちません

白血球

白血球は、体内に入ってきた細菌を食べて、体の環境を守っています。赤血球とちがって核を持ちます

血小板

血小板は、血管が切れて血がでたときに、血液をかためて出血をとめる役割をします。転んでひざをすりむいたときに血がだんだんと止まるのは、この血小板のおかげです。

血しょう

血しょうは、体に必要な栄養分や、体で不要となった老はい物を運ぶ、血液の成分のことです。赤血球・白血球・血小板は、この血しょうの中をただよっています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科