manapedia
呼吸のしくみと肺を動かすしくみ
著作名: かたくり工務店
28,621 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

呼吸とは

私たち人間を始め、動物の多くは、意識をしなくても、酸素を吸って二酸化炭素をはいています。酸素を吸って二酸化炭素をはくことを、呼吸といいます。陸上の動物は肺で呼吸を、水中にすむ魚類などは、エラで呼吸をしています。

肺のつくり

ALT


呼吸を行う器官のことをと言います。人間には、左右1つずつにを持っています。鼻や口から吸った酸素は、気管気管支をとおって肺へと送り込まれます。肺の中には肺胞(はいほう)とよばれる小さな袋がたくさんつまっています。

肺胞には毛細血管がたくさん通っていて、この毛細血管で、取り込んだ酸素と、体の外に出したい二酸化炭素の交換が行われます。

肺をうごかくしくみ

肺には、自分で呼吸を行うための筋肉がありません。そのために、肺の下にある横隔膜(おうかくまく)を使って肺を大きくしたり小さくしたりすることになります。

ALT


肺は、ろっ骨と横隔膜にかこまれた"胸腔"(きょうくう)とよばれるスペースの中にあります。胸腔がせまくなれば肺は小さくなり、二酸化炭素が外に出されます。胸腔が広くなれば肺は大きくなり外から酸素をとりこみやすくなります。

胸腔をせまくするためには、ろっ骨を下げて、横隔膜をあげる必要があり、胸腔を広くするためには、ろっ骨をあげて横隔膜を下げる必要があります。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科