manapedia
セキツイ動物と無セキツイ動物の違い
著作名: かたくり工務店
47,688 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

脊椎動物と無脊椎動物

背骨をもつ動物のことを脊椎(セキツイ)動物と言います。脊椎動物には、私たちほ乳類鳥類は虫類両生類魚類が属しています。

一方で、背骨をもたない動物のことを無脊椎動物(ムセキツイ動物)と言います。無脊椎動物には昆虫のような節足動物や、タコ・イカなどの軟体動物が属しています。

骨格のちがい

脊椎動物には、体の内側に骨格内骨格)があり、たくさんの骨格がつながって体を支えています。内骨格は体の内部で筋肉とつながっていて、これで骨格を動かします。

一方で無脊椎動物は、節足動物を例に出すと、体の外側に骨格外骨格)があります。外骨格の内側にある筋肉で外側の骨格を動かします

体の運動のしくみ呼吸の方法口の形などが脊椎動物と無脊椎動物とでは大きく異なります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科