manapedia
感覚神経から送られる刺激の伝わり方・意識的な反応
著作名: かたくり工務店
14,105 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

感覚神経から送られる刺激

蚊が目の前を飛んでいて、おもわず手でたたいてしまう経験、みなさんもあると思います。
この反応のときに、どのように神経が動いているのかを例に、刺激の伝わり方を説明しましょう。

まず、目で蚊が飛んでいるのを確認します。目の網膜に蚊の像ができ、この刺激をうけた感覚神経(視神経という目にある神経)によって、脊髄大脳へとこの情報が伝えられます。

報告をうけた大脳は、ここで初めて蚊のことを「蚊である」と認識し、たたくように命令を出します。この命令は、運動神経を通して筋肉に伝えられます。この場合は腕ですね。
そして筋肉(腕)が動いて蚊をたたこうと反応することになります。

刺激の伝わり方
感覚器官が刺激を受ける
→感覚神経を通して脊髄、大脳へ
→大脳から指令が出される
→出された指令は運動神経を通して筋肉へ
→反応


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科