manapedia
たんぱく質がアミノ酸となって体に消化・吸収されるまでのしくみ
著作名: かたくり工務店
91,142 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

たんぱく質の消化・吸収

たんぱく質からペプトンへ

肉や大豆にふくまれれうたんぱく質は、胃液にふくまれるペプシンという消化酵素によってペプトンに分解されます。

ペプトンからポリペプチドへ

ペプトンは、十二指腸を通るときにすい液と混ざります。すい液にはトリプシンという消化酵素がふくまれていて、これによってペプトンは、ポリペプチドに分解されます。

ポリペプチドからアミノ酸へ

さらにポリペプチドは、小腸から分泌されるペプチターゼという消化酵素によってアミノ酸に分解されます。

アミノ酸の吸収

アミノ酸は、小腸の内側にある柔毛というヒダの中にある、毛細血管から吸収されて肝臓、さらには心臓、そして体全体へと運ばれ、細胞をつくる材料となります。

たんぱく質
→胃液にふくまれるペプシンペプトンに変化
→すい液にふくまれるトリプシンポリペプチドに変化
→小腸から分泌されるペプチターゼアミノ酸に変化
→肝臓・心臓を通って体全体に運ばれ、細胞の材料となる


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科