manapedia
化学変化をする物質の質量の割合はいつも一定
著作名: かたくり工務店
16,838 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

化合する物質の質量の割合

銅の酸化を考えてみましょう。

銅+酸素→酸化銅

でした。このとき銅と酸素、そして酸化銅の質量の割合は決まっています。銅:酸素:酸化銅=4:1:5と定められています。このようにすべての物質は、化合するときにそれぞれ決まった質量の割合で化合します。

分解する物質の質量の割合

酸化銀の分解を考えてみましょう。

酸化銀→銀+酸素

このとき、分解したあとの銀と酸素の割合は、つねに27:2と決まっています。分解においてお、物質の質量の割合は決まっているのです。そしてこの割合は物質の種類によって決まります。

化合物の化学変化において、反応する物質の割合はつねに一定であり、その割合は物質の種類によって決まっている。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科