manapedia
中学理科における発熱反応とその具体例
著作名: かたくり工務店
37,872 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

発熱反応

化学変化が起こるときに、変化と一緒に熱が発生することがあります。この反応のことを発熱反応と言います。

鉄の酸化

ほっかいろを思い浮かべてみましょう。ほっかいろの中には鉄の粉が入っていて、これが空気中の酸素と反応することで熱を発します。袋を開けたらあたたかくなるのは、この作用を利用しているのですね。

鉄+酸素→酸化鉄+熱エネルギー

有機物の燃焼

石油や天然ガス、木炭などの燃料の多くは、炭素を含む有機物です。この有機物を燃やすとき、熱と同時に二酸化炭素や水が発生します。私たちは、この熱や二酸化炭素、水を使って動力を得ています。

有機物+酸素→二酸化炭素+水+熱エネルギー

鉄と硫黄の化合

鉄と硫黄をまぜて熱すると、硫化鉄になりますが、このときにも熱を発します。

鉄+硫黄→硫化鉄+熱エネルギー


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学理科